資金100万円からの専業トレーダー生活

2018年10月から2019年1月まで資金100万円で専業トレーダーをやっていたっす。現在は兼業っす。男っす。日々の取引の記録をこのブログでは発信していきまっす。 専業トレーダーの生活、失敗した経験をこれから専業になりたい方に伝えていくっす。私が失敗した経験を全部伝えるっすから是非役立てて欲しいっす。

専業トレーダー生活の失敗を伝えるブログとして再開します!

 

ご報告があるっす。

 

皆さんお久しぶりっす。MYっす。

 

久々のブログ更新となるっす。

 

前回の更新から大分時間が経ってしまったっす。

 

なので今回は、ブログを休止していた時の事、これからの事、このブログについての事を報告させて頂けたらと思うっす。

 

これまで読んでくれていた方への報告として書いていくっす。

これまでについて 

 

 

前回の更新が1月の中旬なので、約1カ月ぶりの更新っす。

 

ここ最近はだいぶ忙しく過ごしていて、時間が取れなかったっす。

 

思い起こせば、去年の10月に専業を始めてからは、毎日トレードと勉強をする生活だったっす。

 

その生活を約3カ月続けていたっす。

 

そして、12月になると、最初に比べたら日々の損失額は減り、少しずつ利益も出るようになっていたっす。

 

少しづつうまくいきかけた時ではあったっすけど、資金を減らし続けた事で、これ以上トレードを続けるのは危険と判断し、一旦株式市場から退場することを決断したっす。

 

それが1月の初旬っす。

 

そしてその後、就職活動を始めたっす。

 

そこから約2カ月、いろいろと忙しくしていたっす。 

 

就職も決まり、やっと生活が落ち着いてきたので、

これからブログを再開していくっす。 

 

これからについて

 

今までのこのブログのメインコンテンツは日々のトレード結果の報告だったっす。

 

それを見に来てくれていた方が多いのではないかと思うっす。

 

毎日見に来てくれる方がいるのが嬉しく、日々の報告が楽しみだったっす。

 

しかし、これからしばらくはトレードをする事はできないっす。

 

資金量の面でもそうっすけど、技術的な面で考えても、まだ株式市場に資金を入れるタイミングではないと思っているっす。

 

株式市場にいる人はその道のプロっす。

 

その中で大した知識もなく戦っても資金を減らしてしまうだけっす。

 

だから、トレードは休止したままにするっす。

 

つまり、これまでのメインコンテンツであった日々のトレード結果の報告はなくなるっす。

 

しかし、これはトレードを諦めたという事ではないっす。

 

これからしばらくは資金を投入せずに勉強をしていくっす。

 

勉強をしていけば、利益を上げることは十分可能だと思うっす。

 

というのも、経験という面で他の人よりも俺の方が優位性があると思っているからっす。

 

3か月毎日チャートを見てトレードをしていたという経験はほとんどの方が持っていない経験っす。

 

その経験から学べる事は非常に多いっす。

 

この経験から十分に学び取っていけばトレードで利益を出せるっす。

 

なので、これからはこの3か月の経験を振り返って失敗した事、学べた事、気づいた事を反芻して振り返っていき、記事にしていくっす。

 

3か月の中で失敗した経験上手くいかなかった経験もっと効率化できた点などをこれから専業になりたい方に伝えていくっす。

 

専業になりたい方は俺のブログを見て最短距離で成功を掴んでくださいっす。

 

俺と同じ失敗をしないようにしてもらえれば、成功は近づくはずっす。

 

これからもよろしくお願いしまっす!!

 

という事で、これからまたブログを再開してくっす。

 

これからは兼業になるので、ブログの更新頻度はかなり下がるっす。

 

ただ最低でも週1では公開していけたらと思うっす。

 

しばらくはトレードをしないので、トレード結果を楽しみにしていてくれた方には物足りないものになると思うっす。(笑)

 

十分勉強できたと思った時にまたトレードを再開するので、その時はまた見に来てくださいっす。(笑)

 

それでは、これからもよろしくお願いしまっす!

 

Twitterもやってまっす。ぜひフォローお願いしまっす!

 

アドバイスなどありましたらコメント頂けると嬉しいっす!

よろしくお願いしまっす!

 

参考にしている書籍はこちらっす

ゾーン — 相場心理学入門(心理的手法)

デイトレード(全体的な心構え)

株・日経225先物 勝利のチャート方程式【増補改訂版】(トレンド手法)

使用証券会社

松井証券(取引口座)

SBI証券(チャート、歩み値表示ツール使用)