資金100万円からの専業トレーダー生活

2018年10月から2019年1月まで資金100万円で専業トレーダーをやっていたっす。現在は兼業っす。男っす。日々の取引の記録をこのブログでは発信していきまっす。 専業トレーダーの生活、失敗した経験をこれから専業になりたい方に伝えていくっす。私が失敗した経験を全部伝えるっすから是非役立てて欲しいっす。

株デイトレーダーの1日。専業トレーダーの生活の実態。

株デイトレーダーの1日を紹介

 

これから専業になる方が気になるのは、専業になったらどんな1日を過ごす事になるのか、どんな生活になるのかという事だと思うっす。

1日の流れを大体想像はできても、専業生活には、どんないい点があるのか、どんな悪い点があるのかという事までを完全に想像する事は難しいっす。

そのため、今回は、俺が専業としてトレードをしていた時の1日の流れ、生活を振り返っていくっす。

その生活の中でよかった点、悪かった点についても振り返っていくっす。

今回紹介するのは、あくまで俺の場合の話っす。株なのかFXなのか、個別なのか、先物なのか、デイトレなのか、スイングなのか、によって生活は大きく変わってくるっす。

 

人によって生活には違いがあるので、あくまで参考程度にとどめておいて欲しいっす。

 

1日の流れ

専業で株のデイトレをやっていた頃の1日の流れは、大体こんな感じだったっす。

7:00 起床
8:00 情報収集
9:00 前場トレード開始
11:30 前場終了
11:30 昼飯
12:30 後場トレード開始
15:00 後場終了
15:00 休憩
16:00 取引分析・ブログ執筆
17:00 休憩
18:00 次の日の監視銘柄探し
19:00 夕飯
20:00 情報収集
0:00 就寝

 

一日の流れの解説

大体7時に起き、朝飯を食っていたっす。

そして、8時から日経CNBCが始まるので、それを見ながら情報収集をしていたっす。

 

9時からデイトレ開始っす。

寄った直後は動きが激しいので、9時半ころに最初の取引をすることが多かったっす。

 

11時半の前場終了と同時に昼飯っす。

この1時間は息をつく暇もなくあっという間に過ぎていくような感覚だったっす。

昼も先物の動きを見ていたので、気は休まらないっすね。

 

12時半から後場開始っす。

そこから、15時までトレードっす。

 

俺はデイトレだったので、朝から15時までずっとパソコンに張り付きっぱなしだったっす。15時を過ぎたらもう頭が働かなかったっす。

ザラ場が終わったら大抵は、1時間くらい寝て休憩していたっす。毎日バタンキューだったっす。

 

大体16時くらいから取引の振り返りをして、取引結果をブログにまとめていたっす。

 

17時くらいから休憩をはさみながら次の日の監視銘柄などの情報収集をしていたっす。いい形のチャートの銘柄や、新高値銘柄などを探していたっす。

 

19時頃に夕飯を食って、その後も情報収集をしていたっす。ニュースを見たり、youtubeやニコ生を見て、色んな人から情報収集をしたりもしていたっす。

 

大体24時頃に就寝していたっす。。

 

また7時に起きて次の日が始まるっす。

 

大体はそんな毎日を送っていたっす。

 

デイトレーダーの1日の特徴

 

俺の場合は、一日中パソコンの前に張り付きの生活だったっす。

(中には、最初の1、2時間で日当を稼いでトレードを終わる人もいるっす。)

スキャ、デイトレと、時間軸によって違いはあるっすけど、ずっと板やチャートを見ながらチャンスを伺っている状態だったっす。

 

15時になってザラバ場が終われば解放されるかと言ったらそういうわけでもないっす。

その日の取引分析や、次の日の取引のための情報収集、現在の株式市場の分析など、やるべきことはたくさんあるっす。

もちろん、そういったものをもうやらなくてもいいくらい手法が確立していたり、稼げている人は15時で仕事を切り上げて遊ぶこともできるっすけど。

 

俺の場合は、9:00~15:00の中で仕事が終わるというわけではなかったっす。

 

専業トレーダー生活の実態

 

このブログを読んで下さっている方の中には、専業トレーダーとして生活することを目指している方もいると思うっす。

 

専業トレーだとしての生活を夢見ている方も多いと思うっすけど、その生活は決して良いことばかりではないっす。

 

ここからは、専業トレーダーの生活の実態として、俺が感じた、専業生活のいい点と悪い点を考えてみるっす。

 

あくまでも俺の主観なので、一般的かはわからないっすけど、独立する際の参考にしてみて欲しいっす。

 

良い点

まずは、良い点を紹介していくっす。

 

好きなだけトレードの勉強をできる

 

専業になると、好きなだけトレードの勉強をできるっす。

会社員だと、平日の9時から17時は、会社の仕事があるっす。また、残業があると23時とかまで仕事をするのかもしれないっす。

 

専業になると、その時間を全てトレードの勉強に充てることができるっす。

実際に、俺も専業生活の中で、会社員時代とは比にならないほどの成長を感じる事ができたっす。

 

勉強量が増える事で、トレード成績が良くなっていくっす。

 

自由な時間を作れる

専業だと、時間の使い方は全て自分で決められます。そのため、好きな時間に好きなことをできるっす。

また、前場が始まってからすぐに日当を稼いでしまえば、その日の仕事を終えることもできるっす。

 

実際に、トレードは前場の2時間しかしないという専業トレーダーもいるっす。

トレードが上手くいっているのであれば、時間を自由に使えることも専業の良い点っす。

 

しかし、自分の場合は、ザラ場中はずっとパソコンに張り付いていたっす。

 

好きな人とだけ関われる

専業になると、人間関係も自由になるっす。

 

会社員だと、好きではない人とも関わらなければならないっすけど、専業だと好きな人とだけ関わる事ができるっす。

 

職場の人間関係でストレスを抱える人も多いと思うっす。

しかし、専業だとそれが一切ない事も、専業の良い点っす。

悪い点

次に、専業の悪い点について説明していくっす。

 

不安が尽きない

これは、色々な方が言っている事っすけど、専業になると不安が尽きなくなるっす。

稼げていない時はもちろんっすけど、稼げている時も将来の不安が付きまとうっす。

安定した収入がないので、生活費を全て自分の実力で稼がなければいけないっす。

 

もし、今は上手くいっていたとしても、相場の変化でいつ手法が通用しなくなるかはわからないっす。それを考えると、常にお金の不安が付きまとうっす。

 

専業になった事があったり、自営業をやっている方ならわかると思うのですが、お金の不安というのは本当に辛いっす。

 

専業になると、不安が尽きなくなる点が悪い点っす。

 

孤独な生活

専業の生活は本当に孤独っす。

 

仕事は家の中で、ずっとパソコンとにらめっこっす。家から出ない日も多いため、人とのリアルな繋がりがなくなってしまうっす。

そのため、人と話す機会が極端に減るっす。人と話せない事で寂しい思いをすることになるっす。

それに慣れてる人なら良いっすけど、ずっと人と関わりながら生活をしたい人は辛い思いをすると思うっす。

 

孤独な生活を過ごすことになるという事も、専業の悪い点っす。

 

社会的な信用が皆無

専業トレーダーは、社会的な信用が皆無っす。

 

さまざまな書類に書く肩書きは「無職」になり、クレジットカードなども作りづらくなるっす。俺は、引っ越しをしなかったのでわからないっすけど、家も借りられなくなるかもしれないっす。

 

専業トレーダーは、社会的な信用が皆無のため、さまざまな審査で落とされてしまう事があるっす。

 

損失が続くと、精神が不安定になる

損失が続くと、精神がかなり不安定になるっす。

 

そして、精神が不安定なままトレードをしてしまうと、さらに損失が増えるっす。例えば、損失を取り戻そうとしてロットを大きくしてしまったり、無茶なトレードをしてしまうことになるっす。

 

そのまま損失が続くと、次第に、不安や恐怖が襲ってくることになるっす。

精神が不安定だと、トレードだけでなく、実生活にも影響が出てくるっす。

 

まとめ

今回は、株の専業トレーダーの一日と、生活の良い点、悪い点を紹介したっす。

今回ご紹介した事は、あくまで俺の主観なので参考にならない部分もあったかもしれないっす。また、人によって感じ方なども違うため、そのまま鵜呑みにはしないでほしいっす。

 

ぜひ、専業になる前に、専業生活をイメージしてみてほしいっす。そして、良い点だけではなく、悪い点も理解した上で専業になってくださいっす。

 

 

ちなみに、一日ごとのトレード結果はすべて記事としてまとめてあるっす。ぜひ見てみてくださいっす。専業生活の中での感情の動きだったり、考えの変化などもわかるかもしれないっす。 

Twitterもやってまっす。ぜひフォローお願いしまっす!

 

アドバイスなどありましたらコメント頂けると嬉しいっす!

よろしくお願いしまっす!

 

参考にしている書籍はこちらっす

ゾーン — 相場心理学入門(心理的手法)

デイトレード(全体的な心構え)

株・日経225先物 勝利のチャート方程式【増補改訂版】(トレンド手法)

使用証券会社

松井証券(取引口座)

SBI証券(チャート、歩み値表示ツール使用)